ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

CBR250Rでキャンプツーリングを楽しむ

速さより心地良さで走り続ける楽しさは、CBR250Rから始まった。

 

バイクに乗るには猛暑が続き厳しい季節だが、早朝の時間帯を選べば気持ち良く楽しむ事が出来るから、早朝よりいつものキャンプ場へ向けてCBR250Rを駆って出掛けた。

 

早朝の長良川.jpg

 

北海道、九州とCBR250Rでツーリングを楽しみ、小排気量ではあるが、飽きる事のない面白さのあるバイクであることを知った。バイク屋がツーリングライダーとして実体験することは、より楽しむ為のアドバイスやバイクのメンテナンスやモディファイ等の提案には不可欠であると常々思っている。

 

速さより心地良さ.jpg

 

CBR250Rの欠点は積載力がまったくない事だろう。名前もCBRと走りを強調しているようだが、少し観点を変えればスポーツツアラーとしても楽しめる資質があることに気づくのだが、ネーミングなどによる先入観や走りを強調するイベントなどによりある部分に特化したイメージが強すぎるのは残念なことだ。

 

スポーツモデルはサーキットを連想させるレーシーなイメージも必要だろうが、シティーランからツーリングまで楽しめる提案が出来れば、一般ユーザーの捉え方も大きく変わり、楽しみ方の選択肢が広がると思う。

バイクは全般に何かに特化したイメージを訴求する傾向にあると思うが、自動車のHONDA はN‐OneやN‐Boxをはじめ、実用やレジャーなど、用途や楽しみ方の選択肢に拡がりのあるイメージを上手く伝えていると思える。

 

併し、外国メーカーの中には日本の道路事情やフィールドに於いての用途では疑問に思えるイメージや、ハイメカ満載で不可能を可能にするような万能マシンのイメージで、購買意欲をそそる事は実に巧く展開していると思う。

 

総てを使い切ることの出来ない大排気量の場合、ゆとりも有り刹那的には満足できるところもあるが、日本の道路事情では持て余し気味となり、操作も単調となり何か物足らなさを感じてしまうこともある。但し、タンデムでのロングツーリングとなると大排気量の大型バイクは抜群の積載力、安定感などの魅力もあり用途によっては迷うところであるが、飽きる事のない面白みが不可欠である。

 

エクスプローラー.jpg

 

ロングツーリングをCBR250Rで楽しみ、過去のHONDAシングル250とは別物であることを知り、ストレス無く総てを使い切って楽しめて、飽きる事なく走り続ける面白さを実感したことにより、速さより心地良さで走り続ける楽しさというNWJC独自の提案は、CBR250Rでのロングツーリングがキッカケになったように思う。

 

田園風景とトラクター.jpg

 

一般道に於いて小排気量の方が、トップスピードこそ知れているが、全てを使い切っての操る面白さや走り続ける楽しさは濃厚であるように思う今日この頃である。

 

CBR250Rで長距離ツーリングを楽しむ 九州編 その2

出発はいつものパターンで

目的地があることにより道中があると思うが、目的地が目的であれば移動手段としては、バイクより軽4輪の方が天候に左右されることも無く快適に移動できると思う。

私の場合は、目的地へ至る道中をバイクで楽しむ事が最大の目的としてツーリングを楽しんでいるが、楽しみ方は十人十色だから其々のスタイルでバイクを大いに楽しんでもらいたいと思う。

今回は、ツーリングバージョンに仕上げたCBR250Rで、九州を楽しんできた。

時間の制約があるので九州へ向かう時は南港からフェリーというパターンか、四国経由のフェリーというパターンのように思う。

R100RS・R80GS・GL1800・ボンネビルと3月に九州へツーリングすることも恒例化しているように思うが、2年ほど前の3月はボンネビルで、夕方から雨の中を出発して四国経由、佐多岬よりフェリーで九州を訪ね、帰りは日本海へ出て山陰地方を一般国道と県道を走り繋いだが、これもいつものパターンのよう。

大阪南港.jpg



CBR250Rで長距離ツーリングを楽しむ 九州編 その1

CBR250Rの問題点を対策

昨年の秋、CBR250Rで久々の北海道ツーリングへ出かけた時、長距離ツーリングが楽しめる実力を持ったバイクであることを実感したが、小さなリアシートへ荷物の積載が上手くできない事が発端で、北海道を走りながら考えを巡らせた結果、スポーツモデルの場合タンデムを前提にバイクを選ぶライダーはとても少ないのではないかと思った。

或いは、お気に入りのバイクだが年に一度か二度の長距離ツーリングでは荷物を積載することが苦手な車両だと心地よく楽しめないが、荷物をしっかりと固定できてツーリングを楽しむための装備が整っていればワインディングも心地よく、爽快な気分で長距離ツーリングを楽しめると、CBR250Rで北海道のワインディングを走りながら考えていた。

色々と思いを巡らせて、CBR250Rで日本の道を心地よく、長距離ツーリングも楽しめるよう、CBR250Rの問題点を検討し、見直してライダーの目線とメカニックの感性を活かして、ノースウイングJCオリジナルのCBR250Rツーリング仕様が出来上がった。



CBR250Rの潜在能力を遠乗りで試す -その3 帰省編・総括-

道内ではマイナーなルートを選んで走るので、人と会うことも無い。サロマ湖では少しダートを入った所のアッケシソウ群生地に立寄ってみた。穴ぼこのたくさんあるフラットダートだったが、何の苦も無くサスがしなやかにイナシている。シングルエンジンの心地好さをここでも実感する。

サロマ湖.jpg ダート.jpg


CBR250Rの潜在能力を遠乗りで試す -その2 北海道編-

9月26日 小樽より稚内を目指す

AM4:30に小樽港に入港。

小樽入港


下船して小樽運河にて写真を撮り、市街地は高速で一気に駆け抜けて夕張ICより国道を走り始める。

小樽運河 十数年前に撮ったBMWと小樽運河
(右は十数年前のときの風景)


しばらく来ないうちに道路が随分と変わっていた。占冠で給油をして走り始める。

占冠CBR.jpg BM占冠.jpg
(右は十数年前のときの風景)

富良野の千望峠を経由し、美瑛を通り、当麻、愛別を経由して岩尾内ダムへ出る。道道101号に入り、ワイディングを楽しむ。走っているのは、CBR250Rただ1台。時々対向車と出会う位でまるで貸切道路の様だ。このルートは、路面の凹凸が激しく以前と何も変わっていない。でも信号は少なく、CBR250Rの鼓動感を楽しみながら快走する。実に心地好い!
シングルエンジンを搭載したCBR250Rは、ツアラーとしても充分に通用すると確信した。

CBR250と岩尾内ダム BMWと岩尾内ダム
岩尾内ダムにて(右は十数年前の同じ場所の風景)



富良野01 富良野02
富良野千望峠より


美瑛01 美瑛02
美瑛の丘にて





サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM