ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

トライアンフ ストリートトリプルR ツーリング仕様で今季初の能登へ

エンジンコンディションは総てに最優先する。

6速でも2,000rpm以上は、まるでオートマチックのように滑らかで、全域に亘ってアクセルワークのみで扱えるトルクフルなエンジンもストリートトリプルRの魅力だが、低速域で半クラッチを必要とするエンジンは決して良いコンディションとは言えない。


半クラッチはエンジンコンディションの悪さを誤魔化す一つの手段に過ぎない。

半クラッチはアクセルワークが巧く出来たうえでの「高度なテクニック」であると考えるが、アクセルワークのまずさやエンジンコンディションの悪さを誤魔化す「間違ったテクニック」として使われているように思う。

エンジンコンディションが整っていないストリートトリプルやデイトナ675は、タイトコーナーなどでツキの悪さをエンジン特性と思い込んだり、675ccの排気量のせいでトルクが細いとか、ある程度ピーキーなのがレーシーなどと信じて「間違ったライテク」として半クラッチを使うことは、トリプル・エンジンの面白さや魅力が色あせてしまう。

エンジンコンディションの悪さはサスの性能も引き出すことが出来ないのでタイヤはどんな高性能タイヤを履いても本来の面白みは発揮できない。


ストリートトリプルR ツーリング仕様

ノースウイングJCでは軽量コンパクトな車体にアップライトなハンドルポジションに加えてしなやかな足回りは「ストリートファイター」という売り言葉より一般公道でスポーツライクな一面を以て「ツーリング」を楽しむには最適な一台だと考えている。

ストリートトリプルRは、丸目トリプルから始まり角目トリプルは2代目となりスタッフの明君が、ライダーの目線でツーリングを楽しみながら、気になるところはメカニックの感性で、ツーリング仕様として時間を掛けて熟成している。

ユーザー感覚で、ツーリング仕様としての出来具合や問題点(あら捜し)をしながらツーリングを楽しんでいるが、角目のトリプルでは初の能登を久々に一走りしてきた。



1

サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM