ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

SL230TM(ツーリングマスター)でキャンプへ

前回からの予定通りGWの前半と後半でSL230TMを駆ってキャンプツーリングを楽しんできた。前半はXR230TMのH君、SL230TMに乗るギター職人のO・S君と里見君も参加して暖かくなった信州へキャンプに出かけた。

三者三様

SL230とXR230の230TM仕様4台でのキャンプとなったが、距離が近いこともあり230TM仕様で日帰りするメンバーが4人参加することになり230TM仕様8台が偶然集まった。日帰りは夫々が思うところをソロで自由気ままに楽しんでいるからマスになるのはめずらしく意外なこととなった。

帰路

後半は、H君の計画でO・S君も共に京丹後へキャンプに出かけた。親子ほど年の違うH君のルート設定は、直線距離なら僅かだが東西南北を縦横無尽に県道から九十九折れのワインディングなど延々と走りつなぐのは遠い昔に楽しんだスタイルであり、バイクを操り走り続けるのは懐かしくもあり楽しいツーリングとなった。

後半02


XR230とSL230で南紀を走る

雪がちらつきわずかな積雪でも裏通りでは路面凍結の状態が長く続き、北陸や東北では大雪となり諏訪湖では5年ぶりに「御神渡り」が確認され例年になく寒い日が続いている。

冬眠するバイクが多い季節だが、NWJCオリジナルのカブ110TMはスノータイヤを履くと雪道でも意外に安定感のある走りでどこへでも出かけられるカブ110TMならではの冬を楽しみたいと思っていたが、例年にない大雪のため大渋滞する状況もあり、もう少し暖かくなるのを待っている日々である。


SL230とXR230 ダウンサイジングしてツーリング

GWはカブ110NWJCコンプリートで九州へ走り、7月恒例の十和田湖へはゴールドウイング1800をタンデムで走り、9月はSL230で久々のキャンプツーリングに出かけ、空冷ボンネビルT100ではロングツーリング気分のフル積載で日帰りツーリングを楽しむなど1人のバイク乗りとしてチョイ乗りからロングツーリングまで楽しんでいるが、相変わらず雑用に追われる日々である。

先月のカブ・キャンプツーリングで次回のツーリングはトライアンフ空冷スクランブラーを久々に皆で楽しむ予定であったが、村田さんがちょっとした事から腰を痛めて軽量なXR230なら無理をすることなく走れるとのことで、空冷スクランブラーからダウンサイジングした軽量コンパクトなSL230とXR230でツーリングを楽しんできた。

SL230


SL230 欲張りなおっさん仕様

気温が上がる事とバイクの数が増える事は比例しているかのようで、天気の良い休日はバイクに乗る人が増えて、一般的なバイクシーズンが始まったように思う今日この頃である。

バイク屋のバイク乗りが気負うことなく自らのバイクライフを満喫するために、SL230欲張りなおっさん仕様に必要な装備など様々な事項を確認するため、3月にSL230では始めての中国地方を走り、欲張りなおっさん仕様の構想がまとまり始めたところであったが、4月に入り作業が急ピッチで進展することとなった。

それは、北海道や東北をキャンプツーリングで共に楽しんだ里見君がSL230を駆って4月27日から1ヶ月間、駆け足で日本一周の旅に出かけることが大きく影響している。

まさに欲張りなおっさん仕様が最適と思える旅を楽しみたいようである。サイドラックにガソリンか水を積み込めるサブタンク装着の要望などがあり、サイドラックは急遽仕様変更することとなった。

サブタンク


SL230では初めての西日本を走る 3月

夜明けは早く、陽も長く、風は冷たさが和らぎ、バイク乗りには喜ばしい季節がめぐってきた。日々雑用に追われてチョイ乗りを楽しむことがささやかな楽しみに成りつつある、おっさんライダーにとっても寒さがやわらぐことは嬉しい限りである。

HONDAのクロスオーバーコンセプト的な発想からデュアルパーパスモデルにオンロードモデル的な使い勝手を加えて、ロングツーリングに必須の積載力を高めたツーリングパッケージで、おっさんライダーが気負うことなく自由気ままにフィールドを拡げて旅を楽しめる仕様を準備するために高速道と一般道を走りつないでSL230を走らせてみた。



サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM