ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

スクランブラーで東北ツーリングを楽しむ その2

バイクライフの在り方に転機

 

10数年前、ボンネビルが復刻して間もないころから、ボンネを駆って、阿弖流為と坂之上田村麻呂、前九年後三年の役など、東北の古代に関する色々な史跡を数年に渡り訪ね歩いた頃のことだが、鬼切部城跡を訪ねる道中で、リアサスがバタつき、曲がらないボンネを一生懸命走らせているツーリング仲間の後ろ姿を見たとき、排気量や車格、スペック等とは違う観点から、ボンヤリだがバイクライフについて考え始めたように思う。

 

コーナーリング.jpg

 

バイクの性能は飛躍的に向上し、技術力による速さとパワーに加え、ある程度思い通りにコントロールできたように思える、曲がり易さや扱いやすさを備えたバイクが多い。移動距離を延すツーリングは、単調な高速道を至れり尽くせりの装備が整ったバイクに跨って走れば簡単な事だが、それならバイクでなくても車の方が何かと便利である。変化に富んだ一般道を縦横無尽に走り繋ぎ、バイクの魅力を心行くまで楽しむのであれば、排気量、車格、装備、カタログスペックが云々と云うだけでは何か物足りない。

 

鬼切部城跡.jpg

 

それは、変化に富んだ一般道を縦横無尽に走り繋ぎ、日本の道をバイクならではの魅力で楽しむために、車格・装備・排気量など、数値やモノでは得るこ との出来ない、心地良さという体感性能について、意識しはじめたように思う。それ以来東北を走るたびに、何もないススキの原っぱだが、鬼切部城跡には、何 となく立ち寄る事がある。

 

その後、排気量、車格、装備、カタログスペックや外国製云々、ブランド云々に囚われることな く、バイ ク屋North Wing JCが取り扱っているバイクをベースに、心地良く走り続ける為のメンテナンスやモディファイを施して、バイク屋でありツーリングライダーとしての双方の目 線から、ツーリングなど実体験を数多く蓄積することが、素適なバイクライフの提案をするために、とても大切な事だと気づいた次第である。

 

スクランブラーで東北ツーリングを楽しむ その1

今年はスクランブラー5台で

 

今年も十和田湖を最終目的地とした東北ツーリングに出掛ける日がやってきた。昨年はNC700Xで集中豪雨の中を走ったが、今年も残念ながら天候は芳しくなさそう。

 

悪天候.jpg

 

十和田湖を目指すツーリングも例に漏れず、車格や排気量に拘ることなく、速さより心地良さで走る続けることを楽しめるバイクをNWJC独自の観点から選び出し、NWJC独自の拘りにより、ツアラーとして楽しめる仕様に仕上げたバイクや、試行錯誤中のバイクに乗り、様々な角度からのチェックも兼ねてツーリングを楽しんでいる。

 

毎年ソロで楽しんでいた東北ツーリングだが、今年は、いつものメンバー3人に加えて、旧知の間柄であるバイク屋のオヤジT.K氏も加わり、5台のスクランブラーで十和田湖を目指し、相変わらずバイク三昧の日々を過ごしている。


 

スクランブラーで東北ツーリングへ

7月中旬には十和田神社の神事に参列することもあり、梅雨の後半だが、NWJCお勧めの車両を「速さより心地良さで走り続ける楽しさ」で、満足できるコンディションに仕上げるために、違和感に思う所への改良やメンテナンスを加えてから長い距離を走らせて、各部のチェックも含み、東北方面へのツーリングに出掛けている。

 

NC700X.jpg

 

昨年はNC700Xで集中豪雨の中を走り、一昨年はボンネビルT100で走ったが、雨の為キャンプは出来ず、白神山地への道は集中豪雨のためがけ崩れで通行止めとなり、その前の年はタイガー800で走ったが、台風の影響でフェーン現象の猛暑の中を走るなど、この時期は天候も不順で悪条件が重なる事もあるが、それもツーリングだから・・・。


 

スクランブラーで再び安曇野へ

CP77のエンジンを積み込んだCB72改から始まり、XLR250で林道ツーリングを楽しみ、二十数年間の空白の後、『最後の大型はやはりCBで!』と、CB1100に乗り始めた山梨の哲也から平日に休みが取れたので、一緒にツーリングに出掛けようと、誘いの電話が入った。哲也とのツーリングは、一昨年の北海道以来となる。

 

CP77.jpg

 

山梨と岐阜は約300kmの距離、先週R100RTに乗って出掛けた安曇野へのツーリングの模様を伝え、山梨と岐阜から合流して、お互いに程良い距離になるようルートを決めて、長野道みどり湖PAへ8時半の待ち合わせとした。

 

安曇野1.jpg

 

岐阜の桜は葉桜になり、伊那、高遠の桜は満開から散り始めて、前回、安曇野のT氏に案内をして頂いた見晴らしの良いポイントの桜はつぼみも大きくなり五分咲き、木祖村では梅と桜が同じころに咲く、といった具合で、わずか300kmの道程だが、同じ春でも大きな違いがあることを感じる。

 

安曇野2.jpg


 

スクランブラーでバイク三昧 四月

能登の春を訪ねて

 

三月は、いつものメンバー主催のツーリングに、2014仕様に深化した2005年式のボンネビルT100を駆って敦賀の先まで出かけたが、日々雑用に追われて、時間切れとなり引き返してきた。のんびりとツーリングに出掛けることができなかったが、今月初めは能登へ、お気に入りの1台であるスクランブラーで出かけた。

 

長距離ツーリングで、時間と距離を稼ぎだすために高速を利用した場合、少し防風効果のあるスクリーンをスクランブラー用に企画している。それの実走チェックをすることも兼ねて、午後より出掛けた。

 

高速道最高地.jpg

 

スクランブラー用に試作したステーに、試作したスクリーンを取り付けて、スクリーンの取り付け位置などを変更しながら数パターンのチェックができた。いつものメンバーにも依頼して、数パターンのチェックを同時進行で行っているから、あと少しで出来上がる予定だ。

 

五箇山.jpg

 

能登も晴れていれば、東は立山連峰、西は千里浜あたりの夕日を眺めることが出来るのでは、と思いながら五箇山まで東海北陸道を走った。

 


五箇山2.jpg

 

郡上八幡を過ぎた荘川あたりからは、すこし冷えてきて、高速道の脇には雪が残っていた。五箇山からは、いつもの定番ルートで、お気に入りの風景を眺めながら心地よい走りを満喫できた。

 

城端.jpg トラクターとつくし.jpg

 


サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM