ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

SR500NWJCツーリングマスター その2

SRがNWJCツーリングマスターとして出来上がり、西の定番ルートで各部のチェックが終わると、待ち構えていたかのようにRBRのオヤジがSR500NWJCツーリングマスターを試乗のため引き取りにきた。

SRのカスタムが全盛だったころSRのカスタムを得意としていた元SR屋RBRのオヤジが、SR500NWJCツーリングマスターを走らせて、SRをカフェスタイルへのカスタムベースから解放してスペックやカテゴリーに囚われないNWJCツーリングマスターとして蘇らせたことは大賛成と好評を得た。

しだれ桜


SR500をNWJCツーリングマスターへ

日に日に暖かくなり春めいてきたが、コロナウイルスの猛威が一日も早く終息することを切に願う。

また、今年は暖冬で飛騨流葉にも雪が無く、バイクに乗れるから嬉しいと飛騨のアツシから連絡があったが、東北の震災があった年も暖冬で流葉には雪が無く、富山湾では今年と同じように「竜宮の使い」が上がっていたと聞いている。何はともあれ今年も無事に過ごせるよう願う次第である。

流葉


CRF250NWJCコンプリート

カテゴリーはアドベンチャー

CRF250のカテゴリーは、デュアルパーパスではなくアドベンチャーであると細川店長から指摘されデュアルパーパスというカテゴリーはなくなったようで、流行廃りを目の当たりにした思いである。

CRF250L


相変わらず自由気ままなバイク三昧を

令和になって初めての元日から一ヶ月が過ぎた。歳を重ねて体力の衰えはやむを得ないことだが、老いを受け入れることのないおっさんライダーは、相変わらず自由気ままにバイク三昧の日々を過ごしたいと願う次第である。

夫々に今年のバイクライフについての抱負はあるだろうが、スペックやブランドなども含んで大型バイクや新型に乗り換えてから持て余すこともあり、気持ちも萎えて車検から車検までの走行距離は僅かで張子の虎となり、夢か幻の儚いバイクライフとなってはいないだろうか。


西の定番ルートをカブ110で楽しむ

寒さが日に日に増して、おっさんライダーには寒さが骨身にしみる季節となった。しかし、カブ110NWJCコンプリートなら真冬のバイク旅も気負うことなく楽しめるから不思議である。

PA

先月は、素朴な乗り味とアナログの心地よさを気負うことなく扱える、程よい車格のボンネビルT100TM仕様を駆って、お気に入りの定番ルートにて、車格の最適化(ジャストサイジング)によりタンデムでも速さより心地よさで楽しめる事が実感できて良きツーリングとなった。

ボンネタンデム



サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM