ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

CBR250Rの潜在能力を遠乗りで試す -その1 出発編-

今月の中頃、スタッフのヒロ君とCBR250Rに乗って早朝ツーリングに出掛けた。早朝ツーリングでCBR250Rを楽しむ内にこのバイクでもっと長距離を楽しんでみたいと思う程に潜在能力の高さを感じた。そして、BIGバイクのほうが、長距離は楽だという一般的な先入観を実走行の中で比較して確かめてみたいとも思った。
早々にしばらくご無沙汰の北海道へツーリングを計画した。



9月25日 未明より新潟港を目指す

新潟AM10:30発小樽行のフェリーに乗るべく未明に岐阜を発った。新潟までの500?弱は東海北陸道と北陸道を走り繋いで高速走行での感じも試してみたかった。

AM1:30にNWJC南店に行くとなんと明とヒロ君が店にいた。CB400SBとトライアンフ・ストリートトリプル type Rを出して何やら準備をしている。「お前ら、何やってるの?」と、聞いてみるとふたりとも「東海北陸道の荘川ICまで一緒に走る」と言う・・・・。

CBR250Rの後ろを二人がついてくる。ひるがのICに立ち寄った時、二人とも心配そうに「本当に行くんですか?」と言う。BIGで出掛ける時は全く知らん顔の二人が250ccで北海道に行くと言うと、気になる様だ。BIGだと何も思わないが、250ccだと気になるのだろうか?ヒロ君に、「400ccでも同じじゃない?」と話すと、「でも250ccですから・・・」と、言う。



今回の北海道は道内2泊3日で1,700?前後を走る予定なので気になる様だ。十数年前にBMW R1100GSで北海道へは青函フェリーで渡り、道内は2泊で青森・岐阜間の往復路も走って、全行程4,300?程を走ったことがある。北海道へは何度も行っているが、250ccクラスで行くのは今回が初めてで、彼らから見るとCBR250Rのライディングポジションなども含みかなりハードスケジュールの様にみえるようだ。

今回の道内は小樽よりスタートしてゴールは苫小牧とした。日程とフェリーの都合上、函館まで下らない以外は、BMW R1100GSの時とほぼ同じようなルートをCBR250Rでたどる予定だから気にしている様だ。併し、排気量や走行距離の問題では無いと思うし、HONDAの最新技術で創り込まれたCBR250Rはそんなヤワじゃないという予感がしている。

BMW函館港
BMW R1100GSで走った十数年前の北海道


3桁の国道と道道を走り繋ぐルートは信号も少なく、北海道での速度域は本州より若干ハイペースなのでさほど気にもならない。とにかく早朝ツーリングで得た体感フィーリングの良さが楽しいツーリングにしてくれると思う。




最新のシングルHONDA CBR250に乗って思うこと

心地好さを感じる速度域

大型に比べて非力なCBR250を走らせて操る楽しさを実感しながら思うことは、ハイパワーやハイメカの大型バイクは、バイクの楽しさを半減させている一面もあるようにも思える。

CBR250.jpg

ライダーにより当然個人差はあるが、気付かないうちにハイメカに惑わされてスピード感等はある速度以下の情報が打ち消されている。只でさえスピードには鈍感な視覚は更にスピード感をマヒさせることにより心地よいと感じる速度域は当然高くなる。

高機能な足回りやワイドタイヤによって作り出された安定感によるバイク任せのコーナーリングは、必要以上に深いバンク角やハイスピードでのコーナーリングが出来る事になり、四輪感覚の安易さで乗れていると大きな過信か勘違いをして、心地好いと感じるコーナーリング速度は高くなりとても危険なことだと思う。

輸入車や逆輸入車の場合、使用される国や環境により常用速度域の違いがある為、心地よいと感じる速度域に大きな違いが在る。個人差もあるが、日本の道を知り尽くしたHONDAの国内仕様CB400SBやCBR250等の小排気量で走ってみればよく分かると思う。

軽量であることはスポーツの原点であり、タイトコーナーの続く峠道などでは、アクセルを丁寧に大きく開けながら、タコメーターをチェックしつつシフトやブレーキングを繰り返し上手くスピードに乗せることは、大排気量の有り余るパワーから生まれるスピード感とは質が異なり、バイクを操る楽しさが満ち溢れてくる。楽しみ方は十人十色だが、速さより人とバイクの一体感をいかに産み出せるかがライディングの醍醐味の一つでもあると思う。

ツーリング中のCBR.jpg



サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM