ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

素敵なバイクライフを楽しむために

スクランブラーNWJC2014仕様

 

HONDAから 60年代から70年代に活躍した、CB450K1やCB750 の現代版という雰囲気を持ったCB1100が、キャストホイール仕様にスポークホイール仕様が追加された。日本の歴史、文化、田園風景に、よく似合うTriumphスクランブラー、ボンネビル 、スラクストン同様に、クラシックな雰囲気を持ったバイクが増えることは嬉しい限りです。

 


CB1100とボンネ.jpg

 

スポークホイール仕様の外観に、足回りには倒立サスとモノサスが組み込まれ、高性能ブレーキなど、走りを求めた装備なのに、クラシック風なスタイルを演出しているモデルもあるようだが、一般道においてクラシックなスタイルで、最新の速さや走りを求めると、何となく優雅さに欠けてアンバランスに思える。

 

そのようなバイクとは一線を隔したCB1100、スクランブラーやT100の足回りは、伝統的なツインショックで、クラシックなスタイルに見合った走りは、少し古めかしい味付けがなされているところが面白みでもある。

 

その味付けには好き嫌いがあると思うが、自分好みの味付けにできれば、バイクとの会話も弾み、日本の道を速さよりも心地良さで、走り続ける楽しさが更に増してくる。

 

新旧スクランブラー.jpg

 

最新のスクランブラーは、インジェクション仕様でタコメーターが標準装備と成り、リムはメッキからブラックへと変わり精悍さを演出した最新型だが基本的に何も変わることなく、余分なものを省いたクラシックな雰囲気を持った外観はバイクらしいスタイルでお気に入りである。

 

スクランブラーを楽しむ 中国地方編

相変わらずツーリング三昧でバイクライフを楽しむ

 

先々週は、CB1100で山口へ出かけ、出雲方面へスクランブラーを駆ってキャンプツーリングに出かけたNaka君と村田さんの二人は天候不順のため予定を変更し山口で合流して、HondaのクラシックモデルCB1100とスクランブラー二台を加えた三台で中国山地を心地よく走り続けてツーリングを楽しんだ。

 

『スクランブラーの備忘録』 出雲大社遷宮を訪ねてスクランブラーキャンプツーリング その2

『バイクは健康療具』 スクランブラーを楽しみながら出雲方面へ

 

先週は、収穫の終わった秋の能登へキャンプに出掛けて、夜は満天の星を仰ぎ、翌日は早朝からスクランブラーで能登を走りまわりスクランブラーの心地よい走りを楽しんだ。

 

今週は、再びスクランブラーを駆って中国山地を貫く中国道に沿っている国道と県道を走りつないでCB1100で走ったルートも走り、またまたスクランブラーの心地よい走りをツーリングで楽しんできた。

 

棚田.jpg

 

今年のツーリングは悪天候の当たり年のようで毎回のように悪天候に遭遇している。今回も先々週同様に西日本に接近中の台風に向かって走ることになった。

 

秋雨.jpg

 

先々週に乗ったCB1100はさすがHonda製で、フロントサス以外は、ほぼスタンダードの車両にNWJC独自のメンテナンスを加えるだけで、信頼感と安心感のある素晴らしく心地よい走りは何ら不満も無く、速さより心地よさで走り続ける楽しさのあるバイクであることを改めて実感することができた。

 

改めてというのは、おかしな言い方かもしれないが、それはスクランブラーやT100と比べてみてと言ったほうが分かりやすいかもしれない。同じような気象条件やルートで、NWJC独自のメンテナンスやモディファイを施してバイク屋としてコダワリを持って進化させたスクランブラーと、乗り味を比べてみることにより、進化したスクランブラーの心地好い走りを実感できたという意味でもある。勿論ボンネも同様に進化している。

 

収穫4.jpg

 

台風のことも気になり早々に走り始めたかったが、雑用に追われて走り始めたのは午後からとなり、高速道で500Kmほどを一気に走り、山口まで向かうことにした。山陽道に入るころから雨が降り始め広島を過ぎるころは激しい雨と風に見舞われたが、スクランブラーの心地よい走りは、燃料補給時の休憩以外ノンストップで一気に山口まで走ることを楽しませてくれた。

 

スクランブラーを楽しむ 能登編

お気に入りのスクランブラーは、更に熟成中

 

シリンダーヘッドから突き出た二本のエキゾーストパイプは、シリンダーに絡みつくように曲がり右後方へ真直ぐと伸びてキャブトンのサイレンサーに繫がっている。その姿は60年代を思い起こさせてお気に入りである。

 

竹垣.jpg

 

所有している1968年のCB450を時々楽しんでT100などと乗り比べてみると、スタイリングこそ余分なものを省いてクラシックな雰囲気だがスクランブラーやT100はやはり現代のバイクであることを実感する。

 

乗り味は若干だがクラシックなところもあり、出荷状態に近いノーマル状態では手軽にチョイ乗り的なツーリングなら何ら問題は無いが、心地好くロングツーリングを楽しむ為には何かを施す必要がある事も事実である。

 

狼煙.jpg

 

ライダーとしてスクランブラーを7年7ヶ月ほど楽しんで乗り続けているが、魅力や問題点など多くを知ることが出来た。バイク屋としての拘りとヒラメキからNWJC独自のメンテナンスやモディファイを施すことにより変化していく過程から多くのノウハウを蓄積することが出来てバイク屋として拘り続ける面白さも実感している。

 

収穫.jpg

 

熟成中のスクランブラーは速さより心地良さで走り続けることが楽しめる素適なバイクに仕上がり増々お気に入りである。

 

スクランブラーを楽しむ 日本武尊 滋賀編

「古代への道」日本武尊伝説を訪ねる。滋賀編


岐阜県関ケ原にある玉倉部の清水「居寤の清水」を訪ねたとき、滋賀県米原市醒ケ居にも「居寤の清水」があり他にも日本武尊ゆかりの伝承地もあり、大津には景行天皇肝煎りの建部大社もあるので、琵琶湖を一周しながら近々訪ねてみたい旨をいつものツーリング仲間に伝えていたら、土曜日の夕方に急遽話がまとまり一緒にでかけることとなった。


琵琶湖の一周は雪など道路状況もあり次回となったが、滋賀県内に伝わる日本武尊ゆかりの地を数ヶ所訪ねながら大津の建部大社まで琵琶湖の東側を下る事にした。


ルート2.jpg



トライアンフ スクランブラーをより楽しむために

キャンプツーリングを楽しむ

五月の連休は、予定していたキャンプツーリングは天候も悪く中止したので、日を改めてスクランブラーでキャンプに行く予定をしていた。今回は、スクランブラーを楽しんでいる人達が参加したいということとなり、ワンメイク・スクランブラー・キャンプツーリングとなった。

勢ぞろい.jpg

バイク歴も長く、大型を何台も乗り継ぎ、楽しめるフィールドを広げながら、スクランブラーに潜在する速さより心地よさで走り続ける面白さや魅力に気づいている人も多い。その中にはツーリング仲間の、「バイク屋のオヤジ」も参加していた。

バイク屋のオヤジとは後日、ストリートトリプルRに装着した「ツーリングキャリア]の積載性をチェックする為に、またまた平日にキャンプツーリングに出掛けたが、バイク屋のかみさんからは「誘わないでくださいって言ったでしょ!!」と苦情がありそうで戦々恐々・・・・。


トリプルとキャンプ.JPG

キャンプに関しては、長く楽しんでいる人と初体験という人もいたが、スクランブラー同様に、其々の流儀で楽しんでいた。

キャンプ写真.jpg

キャンプツーリングに参加した、スクランブラーユーザーのコメントも近々紹介したいと思う。




サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM