ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

NC700Xで出雲神話を訪ねる。その2

出雲へは毎年恒例で11月にツーリングしているが、時間の制約もあり次回へ持越しというパターンで色々と訪ね歩いている。今回の出雲神話は、神楽でも人気のスサノオノミコトとヤマタノオロチ神話の中から幾つもある伝承地を絞り込み再度訪ねることにした。


izumo-shinwa.jpg



NC700Xで出雲神話を訪ねる。その1

NC700Xは、北店にてツーリング等で継続的に使いNWJCコンプリートのツーリング仕様を仕上げる予定だったが、5月のGW以降何かと忙しくあまり進展が無く、11月恒例の山陰方面へのツーリングから『速さより心地好さで走り続ける楽しさ』を提唱するバイク屋として、ツーリングライダーの目線からNWJCコンプリートを仕上げて行く予定で、南店にて下準備を始めた。


pic01.jpg


久々のNC700Xで、1,000Km以上のツーリングは初となる。11月恒例の山陰出雲ツ−リングは、単調な直線と曲線を描きながら距離と時間を稼ぐ高速道と、変化に富んだ国道・県道を走り繋ぐいつものパターンは、山陽道で瀬戸内を走り、山口県柳井から北上して石見経由で出雲神話を訪ねる事にした。コンディションの整ったトライアンフ スクランブラーのツアラー仕様2台と出かけた。


scrambler.jpg



トライアンフ タイガーエクスプローラーで北海道へ 〜それぞれのスタイルで北海道を楽しむ その3

スクランブラーを楽しむ二人


スクランブラーは発売と同時に乗り始めて、今年で7年目になるが、エンジンコンディションに始まり足回りからポジションまで試行錯誤を繰り返しながら多くのノウハウを蓄積している。オリジナルパーツもライダーの目線とメカニックの感性を活かして専用パーツとしてコダワリをもって創り上げてきた。今回参加の二人は、スタンダードから進化し続けているスクランブラーの魅力と、ツアラーとしての実力を満喫してますますお気に入りとなったようだ。



スクランブラー.jpg


インジェクション仕様のK氏とキャブ仕様の村田さん二人を長閑な風景の中で、スクランブラーが最も心地好いと感じられる常用速度域+αのペースでリードすれば、鼓動感を楽しみながらいつまでも走り続けていたいと思う最良の時を味わっている二人の姿がミラー越し写っている。



ワインディング.jpg


何と云っても時間的には北海道だけで3日間1,800〜2,000Kmを走るツーリングで、ムラの無いペースで心地好い鼓動感を楽しみ、かなりのペースでワインディングも軽快に走り続けることが出来ることを体感できたようだ。上質な時間を楽しむ為にコダワリを形にしたNWJCオリジナルのスクランブラーだけが持つ魅力であることを実感して、来年もスクランブラーで走れることを楽しみにしているとのこと。



美瑛にて.jpg


以前CB1300に乗っていたK氏は、景色の良いところでの小休止では湯を沸かしながらコーヒーミルで豆を挽き、皆にコーヒーを入れてコーヒーブレイクを楽しんでいる。その姿は長距離ツーリングを心から楽しむ上質な時間とスクランブラーを楽しむライダーのゆとりとを感じさせる。


コーヒブレイク.jpg



トライアンフ タイガーエクスプローラーで北海道へ 〜それぞれのスタイルで北海道を楽しむ その2

昨年とほぼ同じルートでエクスプローラーをチェック!!


今回も昨年同様に三桁国道と道道で交通量も少なく、走り続ける事ができるルートでタイガーエクスプローラーをタンデムで走らせて各部をチェックしながら楽しんできた。


☆エンジンコンディション


エンジンコンディションを整えて各部を見直したエクスプローラーであれば2000rpm付近から太いトルクをフラットに発生させるエンジン特性を体感できるが、工場出荷状態のエクスプローラーでは、3500から4500rpm付近よりトルクが湧き上がってくるような感じとなり随分と違ったエンジン特性に感じられる。


メーカー出荷状態でコンディションを整えるまでは、タンデムしての登り坂で40km以下の速度を6速で維持することは、息つき失速状態でギクシャクと不安定になり半クラッチかシフトダウンを求められる状態だった。


知床半島の羅臼から知床峠へ向かう登り坂では6速でエンジン回転は1200から1400rpm付近で速度は40Km以下となる状態で、ゆるいコーナーへ侵入したが無理なく安定していて、アクセルを開けると滑らかに回転が上がり始めて、2000rpmあたりから力強いトルク感が出始めてギクシャク感も無くスルスルと滑らかに加速して行く。これがエクスプローラーの実力でありトリプルエンジンの特性と魅力の一つだと思う。



エンジンコディション1.jpg エンジンコディション2.jpg


タイガー800の場合でもエンジンコンディションが整っていないと、エクスプローラーに比べて排気量が小さい分だけ高回転型のエンジン特性に感じられるが、エンジンコンディションを整えたタイガー800とエクスプローラーは共によく似たエンジン特性で、極低速からでも力強く安定感がありツーリングを楽しませてくれる。



トライアンフ タイガーエクスプローラーで北海道へ 〜それぞれのスタイルで北海道を楽しむ その1

昨年は最新のCBR250RにNWJC独自のメンテナンスとセッティングを施して、潜在能力を確かめながら北海道ツーリングを楽しむ事が出来た。今回も道内は2泊3日の予定で昨年同様に一般道を朝から夕方まで走りまわり、タイガーエクスプローラーを楽しむ予定していた。


トラクターコレクション1.jpg




サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM