ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

カブ110 Pro NWJC仕様 日本武尊 岐阜編 その2

「古代への道」日本武尊伝説を訪ねる。岐阜編 その2


前回に続き今回も岐阜県内の日本武尊に関する伝承地をCub110 pro NWJCコンプリートを駆って訪ね歩いた。


排気量が小さいCub110の場合、持てる力を最大限に発揮させる為にエンジンコンディションをチェックしたところ、エキゾースト側が最大値を0.02?オーバーしていたので再調整を施した。新車の場合アタリが出るまでは若干不安定な状態であるのはどの車両でも同様である。僅か0.02?がどれだけ重要であるかアフターパーツ以上にメンテナンスが重要である事をどれだけの人が体感することが出来るだろうか?


エンジン調整.jpg


メンテナンス効果による違いが排気量の大小を問わず走る楽しさをより新鮮に感じさせるし、STDの実力も実感できる。Cub110の場合はシングルエンジンの小排気量だからその違いがよく判る。


前回は、STDのファイナルレシオが少々ショート気味に感じていたのでスタンダード2.142から2.066へと少しロングに変更した。


リアスプロケットはアフターパーツとして色々とあるが、排気量を問わず精度の高いスプロケットはとても重要なパーツであり加速減速時の滑らかさがコーナーリングにも影響する為、NWJC定番スプロケットのISAで新たに削り出して貰った。勿論エンジンコンディションが最優先であることは云うまでもない。


今回のルートは、岐阜・岐南町八剣神社からR21⇒R248を経由し、土岐の八剣神社を目指した。日本武尊の伝承地には、"白鳥"と"八剣"の名の付く神社が多い。


ルート.jpg



カブ110 Pro NWJC仕様 日本武尊 岐阜編 その1

「古代への道」日本武尊伝説を訪ねる。岐阜編 その1


この季節は、天候の影響もありBigで遠くへ出かけることは少なく、雪が降れば尚の事、春が待ち遠しい毎日ですが、Cubなら多少の雪でもブラブラと出かける事も出来るので冬の間は、「仕事の道具」から「趣味の道具」へとカスタムしたNWJCオリジナルのカブ110コンプリートのチェックも兼ねてツーリングがてら岐阜周辺の「ヤマトタケルノミコト」神話に関連したところを訪ね歩く事にした。


今回は、ヤマトタケルノミコト伝説を訪ね歩く予定だが、伝説は九州から東北まで広い範囲に残っていて岐阜市周辺にも八剣神社や伊吹山をはじめ日本武尊ゆかりの地が数多く残っている。


神話や古代史を訪ね歩くには、記紀をはじめ読書は欠かすことが出来ない。神話の場合、実証主義の観点からすれば胡散臭いと思われているのだろう。併し、物証により信じる事よりも目に映るモノから想像力を膨らませ感じる事が古代の煌きを垣間見ることだと思うし、またそのように楽しんでいる。本を読んで、神話と地理を組み合わせて地図をメインにツーリングルートを作ることから始まるが、訪ね歩くポイントは、地図とナビを併用しながら訪ね歩いている。

ツーリングルート.jpg



NC700Xで出雲神話を訪ねる。その2

出雲へは毎年恒例で11月にツーリングしているが、時間の制約もあり次回へ持越しというパターンで色々と訪ね歩いている。今回の出雲神話は、神楽でも人気のスサノオノミコトとヤマタノオロチ神話の中から幾つもある伝承地を絞り込み再度訪ねることにした。


izumo-shinwa.jpg



NC700Xで出雲神話を訪ねる。その1

NC700Xは、北店にてツーリング等で継続的に使いNWJCコンプリートのツーリング仕様を仕上げる予定だったが、5月のGW以降何かと忙しくあまり進展が無く、11月恒例の山陰方面へのツーリングから『速さより心地好さで走り続ける楽しさ』を提唱するバイク屋として、ツーリングライダーの目線からNWJCコンプリートを仕上げて行く予定で、南店にて下準備を始めた。


pic01.jpg


久々のNC700Xで、1,000Km以上のツーリングは初となる。11月恒例の山陰出雲ツ−リングは、単調な直線と曲線を描きながら距離と時間を稼ぐ高速道と、変化に富んだ国道・県道を走り繋ぐいつものパターンは、山陽道で瀬戸内を走り、山口県柳井から北上して石見経由で出雲神話を訪ねる事にした。コンディションの整ったトライアンフ スクランブラーのツアラー仕様2台と出かけた。


scrambler.jpg



トライアンフ タイガーエクスプローラーで北海道へ 〜それぞれのスタイルで北海道を楽しむ その3

スクランブラーを楽しむ二人


スクランブラーは発売と同時に乗り始めて、今年で7年目になるが、エンジンコンディションに始まり足回りからポジションまで試行錯誤を繰り返しながら多くのノウハウを蓄積している。オリジナルパーツもライダーの目線とメカニックの感性を活かして専用パーツとしてコダワリをもって創り上げてきた。今回参加の二人は、スタンダードから進化し続けているスクランブラーの魅力と、ツアラーとしての実力を満喫してますますお気に入りとなったようだ。



スクランブラー.jpg


インジェクション仕様のK氏とキャブ仕様の村田さん二人を長閑な風景の中で、スクランブラーが最も心地好いと感じられる常用速度域+αのペースでリードすれば、鼓動感を楽しみながらいつまでも走り続けていたいと思う最良の時を味わっている二人の姿がミラー越し写っている。



ワインディング.jpg


何と云っても時間的には北海道だけで3日間1,800〜2,000Kmを走るツーリングで、ムラの無いペースで心地好い鼓動感を楽しみ、かなりのペースでワインディングも軽快に走り続けることが出来ることを体感できたようだ。上質な時間を楽しむ為にコダワリを形にしたNWJCオリジナルのスクランブラーだけが持つ魅力であることを実感して、来年もスクランブラーで走れることを楽しみにしているとのこと。



美瑛にて.jpg


以前CB1300に乗っていたK氏は、景色の良いところでの小休止では湯を沸かしながらコーヒーミルで豆を挽き、皆にコーヒーを入れてコーヒーブレイクを楽しんでいる。その姿は長距離ツーリングを心から楽しむ上質な時間とスクランブラーを楽しむライダーのゆとりとを感じさせる。


コーヒブレイク.jpg




サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM