ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

トライアンフ ストリートトリプルR ツーリング仕様で今季初の能登へ

エンジンコンディションは総てに最優先する。

6速でも2,000rpm以上は、まるでオートマチックのように滑らかで、全域に亘ってアクセルワークのみで扱えるトルクフルなエンジンもストリートトリプルRの魅力だが、低速域で半クラッチを必要とするエンジンは決して良いコンディションとは言えない。


半クラッチはエンジンコンディションの悪さを誤魔化す一つの手段に過ぎない。

半クラッチはアクセルワークが巧く出来たうえでの「高度なテクニック」であると考えるが、アクセルワークのまずさやエンジンコンディションの悪さを誤魔化す「間違ったテクニック」として使われているように思う。

エンジンコンディションが整っていないストリートトリプルやデイトナ675は、タイトコーナーなどでツキの悪さをエンジン特性と思い込んだり、675ccの排気量のせいでトルクが細いとか、ある程度ピーキーなのがレーシーなどと信じて「間違ったライテク」として半クラッチを使うことは、トリプル・エンジンの面白さや魅力が色あせてしまう。

エンジンコンディションの悪さはサスの性能も引き出すことが出来ないのでタイヤはどんな高性能タイヤを履いても本来の面白みは発揮できない。


ストリートトリプルR ツーリング仕様

ノースウイングJCでは軽量コンパクトな車体にアップライトなハンドルポジションに加えてしなやかな足回りは「ストリートファイター」という売り言葉より一般公道でスポーツライクな一面を以て「ツーリング」を楽しむには最適な一台だと考えている。

ストリートトリプルRは、丸目トリプルから始まり角目トリプルは2代目となりスタッフの明君が、ライダーの目線でツーリングを楽しみながら、気になるところはメカニックの感性で、ツーリング仕様として時間を掛けて熟成している。

ユーザー感覚で、ツーリング仕様としての出来具合や問題点(あら捜し)をしながらツーリングを楽しんでいるが、角目のトリプルでは初の能登を久々に一走りしてきた。



CBR250Rで長距離ツーリングを楽しむ 九州編 その2

出発はいつものパターンで

目的地があることにより道中があると思うが、目的地が目的であれば移動手段としては、バイクより軽4輪の方が天候に左右されることも無く快適に移動できると思う。

私の場合は、目的地へ至る道中をバイクで楽しむ事が最大の目的としてツーリングを楽しんでいるが、楽しみ方は十人十色だから其々のスタイルでバイクを大いに楽しんでもらいたいと思う。

今回は、ツーリングバージョンに仕上げたCBR250Rで、九州を楽しんできた。

時間の制約があるので九州へ向かう時は南港からフェリーというパターンか、四国経由のフェリーというパターンのように思う。

R100RS・R80GS・GL1800・ボンネビルと3月に九州へツーリングすることも恒例化しているように思うが、2年ほど前の3月はボンネビルで、夕方から雨の中を出発して四国経由、佐多岬よりフェリーで九州を訪ね、帰りは日本海へ出て山陰地方を一般国道と県道を走り繋いだが、これもいつものパターンのよう。

大阪南港.jpg



CBR250Rで長距離ツーリングを楽しむ 九州編 その1

CBR250Rの問題点を対策

昨年の秋、CBR250Rで久々の北海道ツーリングへ出かけた時、長距離ツーリングが楽しめる実力を持ったバイクであることを実感したが、小さなリアシートへ荷物の積載が上手くできない事が発端で、北海道を走りながら考えを巡らせた結果、スポーツモデルの場合タンデムを前提にバイクを選ぶライダーはとても少ないのではないかと思った。

或いは、お気に入りのバイクだが年に一度か二度の長距離ツーリングでは荷物を積載することが苦手な車両だと心地よく楽しめないが、荷物をしっかりと固定できてツーリングを楽しむための装備が整っていればワインディングも心地よく、爽快な気分で長距離ツーリングを楽しめると、CBR250Rで北海道のワインディングを走りながら考えていた。

色々と思いを巡らせて、CBR250Rで日本の道を心地よく、長距離ツーリングも楽しめるよう、CBR250Rの問題点を検討し、見直してライダーの目線とメカニックの感性を活かして、ノースウイングJCオリジナルのCBR250Rツーリング仕様が出来上がった。



GoldWingを楽しむ

バイクライフは緩やかな放物線を描いている

昨年の秋、CBR250で久々に北海道へのツーリングが出来た時、永らく遠ざかっていた小排気量のバイクに乗ることがこんなにも楽しいものかと、HONDAの素晴らしさを改めて実感した。長い間車格のある大型バイクを主として楽しんできたことを振り返って思う事は、移動することのみを目的とするなら大型バイクより軽4輪の方がはるかに便利で快適だと思う。バイクならではの魅力は経験もさることながら体力気力共に充実していればこそ、乗せてもらうのではなく操る事が大いに楽しめた大型車両だったとも思う。

CBR北海道.jpg

四十数年のバイクライフは、原付から始まり、250・450・650・750・・・・・・とパワーとか速さや車格など何か特化したことを求め排気量は大きくなり続けてGoldWing1800に至るまで、ドンドンと大きなバイクを求めて乗り続けてきた感があると思う。

GoldWing1800は、日本の道を知り尽くしたHONDAのフラッグシップで、カタログにも謳われているがスーパー・グランド・ツーリングで在り、クルーザーなどでは決してない事は暫くの間乗ってみて実感できた。

亦、排気量や速さなどではGoldWingを凌ぐバイクは沢山あるが、日本の道路環境の中で必要以上のパワーや速さがあっても日本の高速道も含み一般公道での常用速度域+αではストレスを感じてしまうバイクも多く、決して心地好く楽しめるとは思えない事も経験上よく判っている。

GoldWing1800は、ごく低速域での安定感も抜群でストレスも無く、フラット6の静粛さは早春の田園風景の中や紅葉の季節等日本の道にとても似合うと思うが、気負いや衒い(てらい)では決して楽しめないバイクであると思う。

林道ツーリングでも小排気量から始まり、125・200・250・400・650・750・800・1100と大きくなり続けてきた。トライアンフ タイガー800やBMW1100GS等を駆って林道を走る事も出来るが、最近ではトライアンフ スクランブラーでポコポコと林道を走ることの方が楽しいと思う。勿論GasGasパンペーラやXR230で、歩くような速度で林道や獣道をブラブラと乗ることもバイクとの一体感があって楽しい。
R80GS.JPG

小排気量から大型へとステップアップして行き、車格に排気量やブランドなど、憧れや目標とする大型を頂点とする達成感を求めてのバイクライフもあると思うが、気負いや衒いが無ければ自分なりに頂点とするところから緩やかに下りながら、中間排気量の600クラスや250でも125でもバイクに乗ることはとても楽しいことであり、年齢相応の楽しみ方を見つけて新たなバイクライフを大いに楽しめると思う。


CBR250Rの潜在能力を遠乗りで試す -その3 帰省編・総括-

道内ではマイナーなルートを選んで走るので、人と会うことも無い。サロマ湖では少しダートを入った所のアッケシソウ群生地に立寄ってみた。穴ぼこのたくさんあるフラットダートだったが、何の苦も無くサスがしなやかにイナシている。シングルエンジンの心地好さをここでも実感する。

サロマ湖.jpg ダート.jpg



サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM