ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

トライアンフ タイガーエクスプローラーで北海道へ 〜それぞれのスタイルで北海道を楽しむ その2

昨年とほぼ同じルートでエクスプローラーをチェック!!


今回も昨年同様に三桁国道と道道で交通量も少なく、走り続ける事ができるルートでタイガーエクスプローラーをタンデムで走らせて各部をチェックしながら楽しんできた。


☆エンジンコンディション


エンジンコンディションを整えて各部を見直したエクスプローラーであれば2000rpm付近から太いトルクをフラットに発生させるエンジン特性を体感できるが、工場出荷状態のエクスプローラーでは、3500から4500rpm付近よりトルクが湧き上がってくるような感じとなり随分と違ったエンジン特性に感じられる。


メーカー出荷状態でコンディションを整えるまでは、タンデムしての登り坂で40km以下の速度を6速で維持することは、息つき失速状態でギクシャクと不安定になり半クラッチかシフトダウンを求められる状態だった。


知床半島の羅臼から知床峠へ向かう登り坂では6速でエンジン回転は1200から1400rpm付近で速度は40Km以下となる状態で、ゆるいコーナーへ侵入したが無理なく安定していて、アクセルを開けると滑らかに回転が上がり始めて、2000rpmあたりから力強いトルク感が出始めてギクシャク感も無くスルスルと滑らかに加速して行く。これがエクスプローラーの実力でありトリプルエンジンの特性と魅力の一つだと思う。



エンジンコディション1.jpg エンジンコディション2.jpg


タイガー800の場合でもエンジンコンディションが整っていないと、エクスプローラーに比べて排気量が小さい分だけ高回転型のエンジン特性に感じられるが、エンジンコンディションを整えたタイガー800とエクスプローラーは共によく似たエンジン特性で、極低速からでも力強く安定感がありツーリングを楽しませてくれる。



トライアンフ タイガーエクスプローラーで北海道へ 〜それぞれのスタイルで北海道を楽しむ その1

昨年は最新のCBR250RにNWJC独自のメンテナンスとセッティングを施して、潜在能力を確かめながら北海道ツーリングを楽しむ事が出来た。今回も道内は2泊3日の予定で昨年同様に一般道を朝から夕方まで走りまわり、タイガーエクスプローラーを楽しむ予定していた。


トラクターコレクション1.jpg



トライアンフ タイガーエクスプローラー

トライアンフ タイガー・エクスプローラー


タイガーエクスプローラーは、装備もオプションも充実していてエンジンコンディション以外触れるところがない程に充実しているようにも思えるが、色々と試行錯誤しながら楽しんでみようと思う。


エクスプローラー.jpg


タイガー800を一回り大きくしたようなエクスプローラーのサイズを意識することなく、多少のダートやタンデムも含み楽しみ方のフィールドを広げながら、日本の道を速さより心地よさで走り続ける楽しさを堪能できる「ノースウイングJC風」欲張り仕様に仕上げてみたいと思う。



ソロ.jpg


もちろんツーリングライダーの目線とメカニックの感性を融合したノウハウとアイデアを盛り込み、タイガー800もエクスプローラーと比較しながら同時に欲張り仕様に仕上げて楽しみたいと思う。



『トレッキングごっこ』 001

『トレッキングごっこ』に久々の参加


8月13日は、バイクライフをより楽しく豊かにすることを目的としている「トレッキングごっこを楽しむ会」の代表である精神科医の村田さんより初心者のフォローを頼まれた。


参加者の中で今回初参加の19歳と28歳の二人は、大型免許を取得してCBR1000とCBR600に乗る予定だったが、長くバイクライフを楽しむ為に400からステップUPをすればという皆のアドバイスによりCB400SBに乗っている。その第一歩として「トレッキングごっこ」への参加のようだ。


cbr600rr.jpg
CBR600RR(ホンダHPより)


バイクは乗り手が、意識、無意識に関わらずバランスを取っているから転倒しない乗り物であるが、昨今のバイクの性能は飛躍的に向上して、誰でも簡単に危険で無謀な領域へ入り込むことが出来る。

意外に乗れている・・・?と勘違いしているライダーも多く、悲惨な事故も多いようだ。


ハイスピードでのコーナーリングと深いバンク角はビギナーライダーの憧れのようでもあるが、バイクに乗せられることなく、操っているという感覚を勘違いすることなく意識できるのは、一般道を無謀な速度で走る事よりも歩くような極低速の「トレッキングごっこ」を体験すればはっきりと認識できる。


cbr1000rr.jpg
CBR1000RR(ホンダHPより)


バイク歴の長い人でも「トレッキングごっこ」を体験すると、意外にできない事も多く新鮮さもあるようだ。



トライアンフ ボンネビルT100を楽しむ その4【メンテナンスとNWJCオリジナルパーツ】

メーカー出荷のスタンダードへのメンテナンスについて


いつも云うことだが、メーカー出荷の状態は工業製品としての完成品であり、ツーリング等心地よく楽しめる状態の車両には仕上がっていない。それは組み立て精度が一番高いと思うHONDA製でも調整部分は、許容範囲にはあるが最大値であったりする場合もある。その他は例外なく調整の許容範囲外の場合が圧倒的に多いことも事実である。まずはスタンダードのコンディションに整える事が肝要である。


32..ボンネ・エンジン調整.jpg


新車であれば・・・と云うのが極々一般的な捉え方や考え方ではあるが、バイク屋が物流業者でなければ手間を惜しまずチェックする必要があると思うが、残念ながらこの考え方は一般的ではないようだ。




サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM