ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

CBR250Rの潜在能力を遠乗りで試す -その2 北海道編-

9月26日 小樽より稚内を目指す

AM4:30に小樽港に入港。

小樽入港


下船して小樽運河にて写真を撮り、市街地は高速で一気に駆け抜けて夕張ICより国道を走り始める。

小樽運河 十数年前に撮ったBMWと小樽運河
(右は十数年前のときの風景)


しばらく来ないうちに道路が随分と変わっていた。占冠で給油をして走り始める。

占冠CBR.jpg BM占冠.jpg
(右は十数年前のときの風景)

富良野の千望峠を経由し、美瑛を通り、当麻、愛別を経由して岩尾内ダムへ出る。道道101号に入り、ワイディングを楽しむ。走っているのは、CBR250Rただ1台。時々対向車と出会う位でまるで貸切道路の様だ。このルートは、路面の凹凸が激しく以前と何も変わっていない。でも信号は少なく、CBR250Rの鼓動感を楽しみながら快走する。実に心地好い!
シングルエンジンを搭載したCBR250Rは、ツアラーとしても充分に通用すると確信した。

CBR250と岩尾内ダム BMWと岩尾内ダム
岩尾内ダムにて(右は十数年前の同じ場所の風景)



富良野01 富良野02
富良野千望峠より


美瑛01 美瑛02
美瑛の丘にて




CBR250Rの潜在能力を遠乗りで試す -その1 出発編-

今月の中頃、スタッフのヒロ君とCBR250Rに乗って早朝ツーリングに出掛けた。早朝ツーリングでCBR250Rを楽しむ内にこのバイクでもっと長距離を楽しんでみたいと思う程に潜在能力の高さを感じた。そして、BIGバイクのほうが、長距離は楽だという一般的な先入観を実走行の中で比較して確かめてみたいとも思った。
早々にしばらくご無沙汰の北海道へツーリングを計画した。



9月25日 未明より新潟港を目指す

新潟AM10:30発小樽行のフェリーに乗るべく未明に岐阜を発った。新潟までの500?弱は東海北陸道と北陸道を走り繋いで高速走行での感じも試してみたかった。

AM1:30にNWJC南店に行くとなんと明とヒロ君が店にいた。CB400SBとトライアンフ・ストリートトリプル type Rを出して何やら準備をしている。「お前ら、何やってるの?」と、聞いてみるとふたりとも「東海北陸道の荘川ICまで一緒に走る」と言う・・・・。

CBR250Rの後ろを二人がついてくる。ひるがのICに立ち寄った時、二人とも心配そうに「本当に行くんですか?」と言う。BIGで出掛ける時は全く知らん顔の二人が250ccで北海道に行くと言うと、気になる様だ。BIGだと何も思わないが、250ccだと気になるのだろうか?ヒロ君に、「400ccでも同じじゃない?」と話すと、「でも250ccですから・・・」と、言う。



今回の北海道は道内2泊3日で1,700?前後を走る予定なので気になる様だ。十数年前にBMW R1100GSで北海道へは青函フェリーで渡り、道内は2泊で青森・岐阜間の往復路も走って、全行程4,300?程を走ったことがある。北海道へは何度も行っているが、250ccクラスで行くのは今回が初めてで、彼らから見るとCBR250Rのライディングポジションなども含みかなりハードスケジュールの様にみえるようだ。

今回の道内は小樽よりスタートしてゴールは苫小牧とした。日程とフェリーの都合上、函館まで下らない以外は、BMW R1100GSの時とほぼ同じようなルートをCBR250Rでたどる予定だから気にしている様だ。併し、排気量や走行距離の問題では無いと思うし、HONDAの最新技術で創り込まれたCBR250Rはそんなヤワじゃないという予感がしている。

BMW函館港
BMW R1100GSで走った十数年前の北海道


3桁の国道と道道を走り繋ぐルートは信号も少なく、北海道での速度域は本州より若干ハイペースなのでさほど気にもならない。とにかく早朝ツーリングで得た体感フィーリングの良さが楽しいツーリングにしてくれると思う。




トライアンフ・タイガー800で初の林道へ

800XCと林道へ

秋雨前線と台風が続き、天候不順でなかなか林道へ行けなかった。台風15号が発生していたが、9月18日やっと雨続きの合間を縫って、タイガー800のナラシにタイガー955iで付き合ってくれたK氏のタイガー800XCと林道へ行くことになった。


タイガーで林道へ

朝方まで降っていた雨もやみ、コンディションは上々!タイガー800のスタイリングはタイガー1050よりオフ系だが、サスは前後とも硬めなのかアタリが出なくて?渋いのか?硬い感じで、キャストホイールに、オン志向の標準装着ピレリ スコーピオン・トレイルなのでガレ場や落ち葉など少々不安もあったが「案ずるより産むが易し」で、雨あがりの後は、路面もしまって埃も立たずガレ場や濡れ落ち葉などは、時々バランスを崩したが、意外と乗り易かった。




スクランブラーで遠乗りを楽しむ!

近場のチョイ乗りでも長距離でも、進化したスクランブラーの心地よさは変わらない
スクランブラーで最初の遠乗りは、多くのビギナーライダーたちがバイクを心地よく楽しめる基となっている「トレッキングごっこ」の生みの親である万澤さんが頑張っておられるイーハトーブのトレイルツアーに参加したときだった。

岩手までスクランブラーで走りトランポで運んでもらったGASGASのパンペーラでトレイルツアーに参加した。
帰り道は南朝方を祀る建武中興十五社会の福島伊達市・霊山神社、千葉県成田・小御門神社 東京湾をフェリーで渡って鎌倉・鎌倉宮、浜松・井伊谷宮を訪ねながら帰ってきたのは2008年夏のことだった。

イーハトーブ.JPG 霊山神社.JPG 潜水艦.JPG



遠出で楽しむルートは中国地方へ向かうことが多い。夕方からの移動で400〜500Kmの距離を稼ぐため山陽道を利用して山口県の岩国市か柳井・徳山付近まで走るのがいつものパターン。
距離を稼ぐ移動でも昼間の移動は中国道を利用する。中国山地の中を走る中国道は長閑な景色の中、適度なコーナーも続き、自動車道なので信号も無くノンビリとした気分で走ることができるのでお気に入りのルートの一つだ。帰り道は、中国山地を跨ぎながら三桁の国道と県道に広域農道など色々なパターンで走りつないで帰ってくる。

国道脇.JPG




トライアンフ タイガー800で久々の東北ツーリング

ナラシが終わったタイガーの各部をチェックし終えて、岐阜を夕方5時に出発して北陸道経由で新潟港へ10時10分着、翌朝秋田港より十和田湖を目指す。目的は式典への参列でしたから知人と十和田神社で10時に待ち合わせ、11時からの式典に参列し、3時過ぎに知人や先輩方と別れて十和田湖を後に岐阜を目指すというスケジュールでした。

十和田湖.jpg


今回は時間に追われながらでしたが、10年ほど前から乗り始めた、トライアンフ ボンネビルを駆って「前九年後三年の役」などの遺跡を何年かにわたり訪ね歩いた東北を、久々にトライアンフNew タイガー800で駆ける事が出来て道中は楽しいツーリングとなりました。

環状列石.jpg ボンネビル T100.jpg



サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM