ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

トライアンフ ボンネビルT100スクランブラーで能登へ その1

4月25日(日曜日)東海北陸道、蛭ガ野SAへ夜8:00に全員集合
メンバーはバイクショップ可児の小藤さん、カメラマンの江崎さん、NWJCメカニックの明君と僕の4人です。

1,000円で能登道の入口まで走り、七尾周辺の安いビジネスで一泊。NWJCは月曜日が定休日です。月曜日の高速料金は通常ですから夜の内に移動して朝から能登を走る、休日ツーリングのパターンです。

昨年の10月に左腕の筋を伸ばして、暫らくバイクに乗れなかったのですが、今年は雪も多く天候不順でシーズンの始まりが遅れたので、無理することなく養生ができ、先週の九州方面へのツーリングで得た感触は、ほぼベストコンデションにもどっていると思っています。

Triumph T100&スクランブラーで能登へ ?その1.JPG

Triumph T100&スクランブラーで能登へ ?その1.JPG





能登は少し道を選べば色々と愉しめる道が一杯です。アップダウンのワインデイングを楽しみ、少しダートを走って両側に海が見え山には山桜が咲いている処や田植えが始まった田園風景を眺め、珠洲では歴史と文化に触れ、帰り道では砺波平野の屋敷林が最高に美しく見える季節の中を走り、五箇山越えでは道の両側に多くの残雪を眺めたりと、そんな風景の中、800Kmほど楽しんできました。


Triumph T100&スクランブラーで能登へ ?その1.JPG

Triumph T100&スクランブラーで能登へ ?その1.JPG

Triumph T100&スクランブラーで能登へ ?その1.JPG

お箸とライディング

日本人の食生活で必需品であるお箸は、一番身近な道具の一つです。使い慣れた道具は、自分の体の延長となり微妙な感覚を伝えるセンサーとなりますが、初めてお箸を手にする子供たちは上手く操る事が出来ず悪戦苦闘を繰り返し、挟む、混ぜる、切る、刺す事は言葉や文字では伝えにくい。感覚『コツ』を五官で感じ取り微妙な感覚で滑るモノ固いモノ軟らかいモノ等を箸という道具がセンサーとして機能しはじめ、食事を楽しみながら箸を巧みに操ることを身に着けていく過程は、バイクのライディングととてもよく似ていると思う。


バイクも同様に様々な条件下で使い慣らしながら、自分のための価値ある一台に仕上げるメンテナンス等を施し基本に忠実なライディングを繰り返しながら使い慣れる、状態が変化すればそれまでの体の習慣がずらされることとなり、道具と使う人は不可分の関係であるがバイクに対するこだわりは、自分の身をもって接する道具であるから自分の体の延長となるものでもあるが、初心者の多くの人達は、道具を扱う最低条件の免許証を取得し、バイクという所謂ブランド商品のように、ブランドという標が消費されるようなモノとの関係となる。


雑誌やインターネットなどで得たスペック等の情報が、道具を理解したと錯覚をしているようであるが、お箸のように使い慣れた道具が、微妙な感覚を伝えるセンサーとなるが、判る人は僅かしかいないように思う。


例えば、半クラッチは自動車学校での教習において必要な項目ですが、不安定な状態を補う操作でもあるが、問題は無意識に半クラッチを使ってしまい、エンジンの調子や状態を感じ取ることが出来なくなり当然その車両の特性は分からないということです。
頭では理解していても体がバイクからの情報を感知しなければ、無意識に半クラッチで全てに対応する悪い癖となり、ライディングの面白さである操る歓びは満たされないでしょう。しかし、ゆっくりと歩くような速度で丁寧なアクセル操作を繰り返すことで、無意識に半クラッチという操作は、刷新されます。


ブレーキ操作もアクセル操作と同様に丁寧にユックリと歩くような速度で安定と不安定の境を繰り返すことでブレーキングのテクニックではなく、感覚的にブレーキングの『コツ』が解りはじめる奥深さを体感できる。


初心者向けに様々なライディングスクールが開催されていますが、車輌取り扱い説明会のようなお粗末なものから、かなり高度なものまで様々のようですが。その多くは、型に嵌りマネ方を反復する事が出来ると錯覚して、反復練習の『慣れ』が出来るであり、『練習した事』は出来ると錯覚しているのが実情ではありませんか?


子供の頃の積み木遊びや、ブランコなど安定と不安定の繰り返しが楽しむことそのものです。バイクを操り安定と不安定を繰り返す面白さは、文字や言葉では言い顕せない奥深さがあり、ライディングの操る歓びでもあると考えています。

回想録 BMW R80GSの巻

R80GSはのんびりと林道やワインディングを楽しめるお気に入りの一台だが最初に乗り始めた時は、やっぱり1100の方が良かったかな?と後悔したほど・・・・。エンジンは鈍感で重く走らないし、ブレーキは利かないし・・・。
高速の登りはナナハンにも置いていかれるくらい走らない。ブレーキはONロードでペースがあがると止まらないので1100系と一緒に走ると、あっという間に置いていかれる。標高があがると耕運機みたい。(これはキャブ車の宿命・・・GL1500のように対策しているキャブ車も)でも、テレスコのFフォークはダート走行に於いてはテレレバーを凌ぐ安心感がある。併し勢いだけでは、登り辛いトレッキング的急斜面などの登坂は1100系より遥かに優秀だと思う。おおらかな駆動力がスロットル操作を容易にしてくれる。


回想録 BMW K1200LTの巻き

K1200LTが発売となり1999年4月1日、試乗車?を用意しナラシを始める。
低速が無くてとても扱いにくい、渋滞などはクラッチを頻繁に使いながらで疲れる。
とにかく低速が無くて乗りにくい、雑誌では中々のことが書かれているようだが現実とは、かけ離れている
知り合いのバイク屋がLTを購入したが、Uターンで・・・。とにかく使いにくい。
工業製品の説明や雑誌の紹介は、読者から見れば疑似体験であり現実は甘くない。

1,000Km前後の走行後各部をチェックする。
エンジンの調整もカウルがフルカバーで分解のみにも時間が掛かった。
バルブクリアランスが基準値より大きく16バルブ中8箇所を調整した。インジェクションはキャブ車とは違い噴射タイミングには燃料がでてくるのでバルブクリアランスは重要である。基準値に整え、スロットルボデーで同調を整える組み付け後試乗してみると、低速が別物のように扱いやすくなりLTの重量をまったく感じなくなり、TOPギアーでアイドリング付近でもノッキングもなく使える、Uターンも随分と楽になり、無機質な工業製品が、血の通う半完成の道具になり始めた。


歳をとってからのツーリングの相棒はドリーム125 or カブ110

歳をとってからのツーリングの相棒はドリーム125 or Cub110
大排気量を駆って北から南へと、時間に追われながら縦横無尽にガンガンと走り周り、日に1,000Km以上走る事も度々ありますが、もう少し歳を経てから時間にゆとりを持ち、過去に走り去ったツーリングルートをもう一度ノンビリと走り、駆け抜けた風景をもう一度ゆっくりと眺めてみたい。あの時は何を見ながら、何を感じて、何を思ったのか?そんな過去の自分や思い出に会いに行く旅を楽しんで見たいと思っています。

通勤快速としての紹介をしているDream125ですが、ゆるやかに時間を過ごせるときが来たら・・・そんな事を思いながら、そんな夢を見ながら少しずつ形に成りはじめた長距離ツーリング仕様のDream125とCub110。

写真?wave125赤.JPG


写真?キャンプ.JPG




サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM