ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

最新のシングルHONDA CBR250に乗って思うこと

心地好さを感じる速度域

大型に比べて非力なCBR250を走らせて操る楽しさを実感しながら思うことは、ハイパワーやハイメカの大型バイクは、バイクの楽しさを半減させている一面もあるようにも思える。

CBR250.jpg

ライダーにより当然個人差はあるが、気付かないうちにハイメカに惑わされてスピード感等はある速度以下の情報が打ち消されている。只でさえスピードには鈍感な視覚は更にスピード感をマヒさせることにより心地よいと感じる速度域は当然高くなる。

高機能な足回りやワイドタイヤによって作り出された安定感によるバイク任せのコーナーリングは、必要以上に深いバンク角やハイスピードでのコーナーリングが出来る事になり、四輪感覚の安易さで乗れていると大きな過信か勘違いをして、心地好いと感じるコーナーリング速度は高くなりとても危険なことだと思う。

輸入車や逆輸入車の場合、使用される国や環境により常用速度域の違いがある為、心地よいと感じる速度域に大きな違いが在る。個人差もあるが、日本の道を知り尽くしたHONDAの国内仕様CB400SBやCBR250等の小排気量で走ってみればよく分かると思う。

軽量であることはスポーツの原点であり、タイトコーナーの続く峠道などでは、アクセルを丁寧に大きく開けながら、タコメーターをチェックしつつシフトやブレーキングを繰り返し上手くスピードに乗せることは、大排気量の有り余るパワーから生まれるスピード感とは質が異なり、バイクを操る楽しさが満ち溢れてくる。楽しみ方は十人十色だが、速さより人とバイクの一体感をいかに産み出せるかがライディングの醍醐味の一つでもあると思う。

ツーリング中のCBR.jpg


古代への道 -日本神話を訪ねる-

ツーリングの楽しみ方も十人十色ですから、情報誌などで得た情報を元に風景やモノを求めて訪ね歩き、情報を処理するかのようにポイントを目指して、通過点としての記録をスタンプなどに留め、ポイントとポイントを線で繋ぎ、時間と距離を積み重ねるツーリングも一つのスタイルだと思う。

私の一つのツーリングスタイルは、歴史小説やそれに関する参考文献などを読み、その時代を現代の地図に置き換えて辿る道は、何ら変哲も無い田畑の風景であっても歴史の煌きに触れたとき、フッとアクセルを緩めたくなる。

バイクならではの季節感や想像力は、見えている風景をとても素敵な情景へと変化させていく。そんなツーリングスタイルをご紹介して往きたいと思います。


日本神話を訪ねる
神楽.jpg


ツーリングで山陰方面の海沿いを走れば、子供の頃に母やおばあさんから絵本で読んでもらった「因幡の白兎」や、大きな袋を担いだ「大黒様」のお話など遠い昔話を思い出す。白兎海岸や出雲大社などをはじめ日本は神話の国。とおい昔の話をいつかバイクで訪ね歩いてみたいと常々思っていました。


高等小学校修身書 巻一.JPG 参考書籍:古事記や日本書紀その他の本

今年、最初で最後のキャンプツーリングにトライアンフ・ボンネビルで参加

camp.jpg


トライアンフでツーリングを愉しんでいる、旧くからのメンバーより「トライアンフだけで11月中頃キャンプツーリングに行きましょう」と誘いがありました。トライアンフのみでは・・・という気持ちもありましたが、トライアンフを楽しんでいるいつものメンバーは、オンツーリングも林道ツーリングもOKで、何台も乗り継ぎバイクを永く愉しんでいる人達なので、バイク屋のオヤジというより、一人のツーリングライダーとして参加できることが何よりです。
いつものパターンですが、其々が目的地を目指して自由に走る、いつものスタイルは気兼ねなく楽しめるのが魅力。でも、給油や休憩ポイントは似たような処となるので、マスに成りやすいですが気楽です。

NO-01.jpg



トライアンフ ボンネビルを楽しんで10年 その3 「T100はインジェクションModelとなった」

3代目のボンネビルT100 はエンジ色にしました。08モデルよりインジェクション化に伴いタンクが少しふっくらとしてスタイリングについては賛否両論のようだが、ニーグリップの感触は良くなったと思う。インジェクションにも賛否両論色々な意見もあるようだが、ボンネのインジェクションはキャブに近いフィーリングで違和感無くトルクが一回り太い感じで使いやすくなった。エンジンには必須の基本のメンテナンスを行う事で更に扱いやすくなるし、インジェクション化に伴いスピードに乗りやすくなった。初代ボンネビルからの鉄リムは低速域では安定感を与え、高速ではある速度域から車体がグッと重くなり、これ以上のスピードは・・・・・と危険信号が出されて人にやさしい一台だと思う。モダンクラシックでそれなりの走りを求めるのであればスラクストンのアルミリムは軽量化に伴いブレーキ性能や立ち上がり、コーナーリング時等に於いて乗り味の違いを如実に顕していると思う。

初代・2代目と問題点を少しずつクリアにしながら3代目となったT100は少しずつ快適になりはじめたが、足回りの問題はリアーサスの交換とフロントはオイルの油面やプリロードのみでは問題解決が難しいのでWPと相談した結果。フロントスプリングを色々とトライすることとなった。フロントスプリングには色々な意見がありシングルレートの方が高性能であるというようなことを何かで見たが、決してそうだとは思わない。特定のクローズドコース等ではシングルレートも良いと思うが、フィールドを広げてあらゆる条件の中を楽しむにはマルチレートの方がベストだと思いWPと共同で試行錯誤を繰り返してきた結果、コーナーリング時やブレーキング時等にしなやかで接地感を体感できて、路面変化からの不意に来るアノ嫌な突き上げを解消することができるフロントスプリングを準備できた。フロントスプリングを交換することで路面への追従性が大幅にあがり結果としてフロントブレーキの効きも良くなった。WPのリアーサスもNWJCオリジナルとして試行錯誤した結果程良いところに落ち着いた。WPのショックは40φと容量があるので積載量が増えた状態でのタンデムでも何ら不具合を感じる事が無く楽しめる仕様に仕上がってきた。

14.WPフロントサス.jpg
14.WP・T100用フロントスプリング.jpg
14.WP・T100用Rサス.jpg



トライアンフ ボンネビルを楽しんで10年 その2 「T100が900になって登場」

排気量が60ccほど上がったボンネが発売になったので車輌を二代目のボンネビルT100に変えた。
カラーは白/オレンジにした。排気量UPの効果は大きく800の車両に比べて走りは大きく変化した。ギア比の変更や各部の見直しで少しは良くなった気がしたが、走りが少し良くなった程度でシートや足回り等はあまり変わり映えがしないと感じた。少しは何らかの進化を期待したが・・・・・・・・。ボンネは、長距離ツーリングを走る為に荷物を簡単に積載できるBMWの様な仕様は考えにくいが、体感性能の良さを味わいながら長距離でのパッキングを容易にして荷物等の積載を簡単にできる様、大型リアーキャリアにアルミ製パニアケースの着脱が簡単できるフィッテイングKitの試作を初代ボンネのころから試行錯誤していましたが、積載量がUPするとサスの容量不足?で例の問題が露呈して少し高い速度域では快適に走れない!という問題をどの様に解決できるか、ボンネを走らせながら色々と検討する事も愉しい事でした。

bonne-9-cab900-kyushu.jpg





サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM