ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

ボンネビルを楽しんで10年 その1 「初代復刻モデル」

ボンネビルに快適さを求めるか、心地よさを求めるかと言われれば心地よさを求める事だと思う。だが、メーカー出荷の工業製品では満たされないところもあるが、メンテナンスを施して心地よさを体感できる道具に仕上げれば、ハイメカやスペックに惑わされず、乗ること=操ることの愉しさを味わえる魅力ある一台に生まれ変わる。
スペックや価格をお伝えする事も大切ですが、現在までボンネビルに関わってきた経過から、一人のツーリングユーザーとしての目線とメカニックとしての目線とバイク屋として、ボンネビルが価値ある道具であり、素敵なバイクライフを楽しめる魅力的な一台である事をお伝えしたいと思います。

現在のボンネビルは三代目で初代からもう10年目を迎える。初代は800ccでスタートしたが二代目は860に排気量UPされ900となり、三代目は環境にも対応してインジェクション化されても伝統的なスタイリングを守りながら、正常進化していると思う。最初の復刻モデルを見たときは懐かしく、当時は憧れたこともありましたが、高嶺の花で手も足もでませんでした。東京ジャイロの谷名さんがボンネビルでナラシ・ツーリングの途中に立ち寄よられた時に、お借りして試乗したのが始まりでした。

試乗は良くも悪くも、工業製品としては完成品でしたが、楽しむ道具としては色々と問題点が見え隠れする半完成車でした。英国らしい伝統的なツインエンジンでクラシックなデザインはファッション系のイメージにも見えるが、体感性能の良さと何と無く素性の良さを試乗の時に感じたので、じっくりと付き合って良さを見つけ出し問題点を改善しながら個人的に楽しみたいと思った。デザインは、OHVからDOHC8バルブとエンジンは全く別物だが色も含み何と無く当時の面影を残していたし、個人的に今なら乗れると思い、半ば衝動買いのような感じでジャイロの谷名さんにオーダーしたのがボンネビルとの始まりでした。

bonne-1.jpg


バイクのメンテナンスと体のメンテナンス「症状と原因」

数年前のことでしたが、XR230を駆って仲間達と林道へトレッキングを楽しみに行った帰り道、お恥かしい話ですが、ユックリと走ることで気の緩みからわき見運転で、道を外れて転落したことがあります。

幸いにも転落したときバイクと絡んで落ちたのですが、私は転ぶこともなく無傷で立っていました。その場は、皆に引き上げてもらい無事帰宅しました。



その後2日ほど過ぎた朝、腕の痛みで目が覚めた。右腕の付け根が痛くて全く上らず、箸をもってご飯を食べることも出来ず腕を挙げようとすると腕の付け根のところに激痛がはしり、何が起きたのだろうと唖然としました。

その日はRSAの足立さんとウエアーの打ち合わせがあったので、車のウインカーも出せないほどの痛みがありましたが出かけました。トレッキングやOHVツーリングを一緒に楽しんでいるバイク仲間で東洋医学者であり、療術師の「氣太浪さん」と偶然出会い、之幸いと無礼を承知で腕が上らないことを伝え診てもらいました。


BMW F800GSを駆って、久しぶりの林道ツーリング

8月最初の日曜日は、実に10ケ月ぶりの林道となりました。昨年の10月に左腕の筋を痛めてONツーリングはそれなりにプラプラと出かけていましたが、BigOffでのツーリングには、少し痛みが残っていましたから不安もあり躊躇していました。ここでまた痛めてしまってはスタッフや仲間から「大丈夫ですか?」と声を掛けられると同時に、このオヤジはまったく懲りない奴だ!の視線も浴びる事となる。気に留める事も無くやり過ごせるが、体が思い通りにならぬ事は情けなくなってしまう。

この日は、飛騨の某所でトレッキングごっこを予定している飛騨のメンバーと合流して目的地へ向かった。メンバーはF800GSが4台とトレッキングごっこメンバーが7人で11人。参加者の中にトレッキングごっこ初心者が2人ほど一緒だったので、午前中はのんびりと初心者と共に、F800GSをメンバーのGASGASパンペーラと交換してトレッキングごっこを楽しんだ。

目的地へ集合.jpg トレッキングごっこ.jpg




CB400SB レビュー

HONDA CB400SBは、技ありの逸品

梅雨の合間の天気の良い日に、何となく試乗車のCB400SBに乗りたくなり、信号も
少なくワインディングで景色の良いところへブラリと120Km程乗りに行きました。マ
ルチの400に乗るのは久しぶりで、十数年ツーリングでも乗ったことがありませんでし
た。


シングルのCB400SSは非力でも軽快なシングルの鼓動感でノンビリとおおらかな気分にしてくれるので100Km前後のブラリには好んで乗っています。マルチのCB400は下のトルクが細く、VTECの切り替わりに不快感を覚え、高回転でも一谷超えたあたりからしか力強さが無く、せせこましい気がするので永らく敬遠していました。

併し現行のCB400SBはそんな過去の先入観を見事に払拭してくれました。やはり、ライダーの目
線とメカニックの感性を持たなければ単なる物流業者で、バイク屋とは言えないことを改
めて思いました。


市街地を抜け出して、柿畑の中を通り抜けて登りのワインディングで回転を上げながら加速してみると、VTECの切り替わるところを感じることなく滑らかに回転が上がり始める。ノーマルマフラーの排気音とエンジン音が心地好い。


まず驚いたことは、低速域の粘りがマルチの400とは思えない。REVOの威力か2000回転も廻っていれば6速で流れにのって走れる事は違和感とでも言うのでしょうか。本当にこのCB400SBは400なのか?ボアUPでも施してあるかのような力強さを感じながら、HONDAの素晴らしい技術で作り上げられた現行のCB400SBを、過去からの先入観と400ccというスペックに惑わされていたことを悟りました。






トライアンフ ボンネビルT100&スクランブラーで能登へ その4

バイク屋として、独りのライダーとして

バイク屋が自らツーリングを楽しみバイクを楽しみ、何時ものツーリング仲間との情報交換を繰り返しながら、楽しめそうで気になるバイクを煮詰める時のワクワク感は何時までも失いたくはありません。

スクランブラーやT100等TriumphモダンクラシックにSTDのメンテナンスを施すことにより見えてくる素性の良さ(スペック的な事ではありません)や、サイズの良さを活かして、仕上げていく過程はとても楽しいものです。ライダーの目線とメカニックの感性が融合して出来上がって育っていく、NWJCオリジナルは我が子のように可愛いものです。

?その4.JPG


サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM