ツーリングライダーとしてバイクを楽しみ、バイク屋として蓄積した独自のノウハウを活かして、工業製品もしくは物流商品として扱われているバイクを、価値ある「趣味の道具」として楽しむために、ノースウイングJCというバイク屋の拘りと独りのツーリングライダーの目線から感じたことや思うことを綴ります。

カブ110NWJCコンプリートで日本列島縦断 カブ110EXPRESS仕様 編

素適なバイクライフを求めて

一般的にロングツーリングを楽しむには、それなりの車格を持ち、装備も充実している車両でなければ・・・と思っている人も大勢お見えになるようだが、それは一昔もふた昔も前の話である。

ブランドと云われる外国メーカーのディーラーもやり、バイク乗りとしてツーリングで色々な車両に乗ってもみたが、高級ブランドのブランド力や車格、スペック等が、日本の道路事情のなかでバイクライフを豊かに楽しくしてくれるわけではない。

また、意外に思われるかも知れないが、ブランドだから信頼性や耐久性が特別なわけでもない。むしろ信頼性や耐久性は、日本のメーカーの方が格段に優れている、と思われることも数多く見受けられる。

HONDAと2メーカーの輸入車で、色々なバイクをベストコンディションに仕上げて乗り続けて思った事は、雑誌等のインプレ記事とは異なるインプレになることも数々あったから、小排気量から大排気量まで車格を問わず、ベストコンディションのバイクを提供することが、ライテク云々で乗りこなす事よりも、其々のスタイルで使いこなして楽しむことが出来る、とバイク屋NorthWingJCは考えている。

どんなバイクが日本の道を楽しめるのか、勿論楽しみ方は十人十色だから一概に答えが出ないものだと判っている。

しかし、気負いやテライを捨て去れば、車格やスペック、ブランドに惑わされることなく、素敵なバイクライフを得ることができるのでは、とバイク屋のバイク乗りとして実体験をベースに感じている。

速さより心地良さで走り続ける楽しさで、大いに素敵なバイクライフを満喫して頂きたい。と、一人のバイク乗りとしてバイクライフを満喫している私は思うのである。

今回の列島縦断ツーリングでは、小排気量のカブ110NWJCコンプリートのEXPRESS仕様で、車格やスペック、ブランドに惑わされることなく、一般道を速さより心地良さで走り続けて、誰でもが気負うことなくロングツーリングを楽しめることを実体験から伝えたいと思った次第である。


カブ110NWJCコンプリートで日本列島縦断

日本列島縦断の概略

GW最終日の6日から大阪南港よりフェリーで志布志港へ向かい、7日の午前10時から志布志港より佐多岬へ向かった。

大阪南港

5月7日AM12:00に九州本島最南端の佐多岬を出発して、日本最北端の宗谷岬まで2,853Kmの道程を楽しみ、NWJC南店を起点に全走行距離3,729Kmのロングツーリングをカブ110NWJCコンプリートで楽しみ、相変わらずバイク三昧の日々を過ごしている。

ルート図


CB1100 2台でキャンプ

4月は、雨や雪も降り週末から天気が崩れることが多く、春恒例の桜を観ながらのんびりツーリングに出掛けるタイミングを逃したことは残念である。

山梨の哲也から、キャンプツーリングを始めたいからどこかキャンプに連れて行けと3月から依頼されていたが、天候が悪く4月下旬になってやっと実現した。

何故、今頃になってキャンプツーリングなのか聞いてみると、今年の北海道は知人とキャンプツーリングを予定しているから、予行演習を兼ねてのキャンプツーリングで色々アドバイスなどがほしいとのことだった。しかし、長年キャンプツーリングは楽しんでいるがド素人だからアドバイスなど・・・。

駒ヶ根IC近くで昼食をとり、駒ヶ根市街を出たあたりで買い出しの予定だったが途中に店は無く、暫らく走ると九十九折れの峠道が続き、買い出しをしないままキャンプ場に到着。

設営


ボンネビルとNewタイガーXRXで木曾へ

久々に明君と木曽方面へ、ボンネビルとNewタイガーXRXでツーリングに出掛けた。暖かく春めいて来たかと思えば寒さが戻ってくる、この季節に大型バイクでツーリングに出掛けるには、雪や凍結などもあるから天候をチェックする必要がある。今回も、能登方面へ行く予定だったが、日本海側は雪や傘マークで天候が悪そうなので、晴れマークの木曽方面へ出かけることにした。

ボンネとタイガーXRX


等身大のバイクライフについて

いつものメンバーが、初のGold Wing1800で伊勢志摩方面へ

いつものメンバーが、GoldWing1800を駆って伊勢方面へツーリングに出かけた。

今回のツーリングは、いつものメンバーにNWJC南店で試乗車として使っているGold Wing1800(以下GL)を実際にツーリングで走らせて、HONDAのフラッグシップであるGLの意外な魅力にも触れてもらって、GL初体験の声を聞きたいと思い、いつものメンバーに依頼した次第である。

→Gold Wing 1800レビュー

NakaさんとKさんは、意外な依頼に少し躊躇した感もあったようだが、GLに乗り始めて3年が経つ村田さんから「見た目は大きく躊躇するところもあるが、実際に乗ってみると扱いやすく、意外に思うことがたくさんあって面白いから是非」と声をかけられ、GL初乗りツーリングが決まり、行き先は伊勢志摩方面となった。

いつものメンバーに、GLをツーリングで走らせることを依頼して、NakaさんがGLを初めて走らせている道すがら、偶然にもスクランブラーに乗る小藤さんを伊勢内宮で見かけて、小藤さんのところでも提唱され雑誌などでも時々目にする、等身大のバイクライフについての話題となったようだ。

→GL初乗りツーリングを楽しんだNakaさんのブログ『春のGL1800試乗ツーリング』

Nakaさん、村田さんから等身大のバイクライフについての話題になり、Nakaさんの等身大が変化するという話は、素適なバイクライフを楽しみながら、ライダーとしての成長過程を的確に表現しているし、村田さんの話も「バイクライフと人生」とでも云うのか中身の濃い話で、其々に良い話を聞くことが出来た。

→バイクは健康療具 『ゴールドウイング1800で伊勢志摩へ』



サイト内検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最新の記事一覧

注目キーワード

カテゴリー

アーカイブ

エンジョイバイク

ノースウイングJCをBike Lifeの基地として、Bikeを楽しんでいる仲間たちで作成しています。

メンバーコラム

ノースウイングJCのスタッフと仲間が、バイクについて語ります。

メンテナンス

ノースウイングJC実践の「真のメンテナンス」情報をお届けします。

オリジナルパーツ

快適なバイクライフのためにノースウイングJCが開発した、オリジナルパーツとオリジナルアイテムです。

店舗案内

ノースウイングJC南店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市宇佐東町13-16
  • 058-272-8963

ノースウイングJC北店

  • 営業時間:9:00〜20:00
  • 定休日:月曜日、第二日曜日
  • 岐阜市上土居1-6-1
  • 058-294-4421

リンク

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM